いってみっけ。海と山の、イイとやま。

富山県内各所 × 牛首村

「美しい風景が恐怖を掻き立てる」

富山県魚津市の山あいに実在する旧『坪野鉱泉』。「恐怖の村」シリーズ第3弾となる今作、監督が舞台として選んだのがこの“北陸最恐の心霊スポット”だった。

旧『坪野鉱泉』は、無断立ち入りや破壊行為などが長年の問題となっていた。そのためロケの打診をした当初、地元は反対意見一色。しかしイメージアップや防犯強化を前提に交渉を重ねてロケが実現。「映画をきっかけに町を変えていきたい」という地元の人の思いが、この映画の背景にある。

ほかにも雨晴海岸や魚津駅、海の駅蜃気楼など、富山の有名な観光スポットが登場。富山に来たらロケ地をめぐって、実際の美しい風景と、映画のシーンを見比べてみては。

©2022「牛首村」製作委員会

『牛首村』

東京に暮らす女子高生の雨宮奏音。ある日、心霊動画に映る自分にそっくりの女子高生を見つける。胸騒ぎを覚えた奏音は、動画が撮影された坪野鉱泉へ向かい、「牛首村」と呼ばれる村に残る風習の存在に凍りつく……。


全国ロードショー絶賛公開中!

監督 清水崇 主演 Koki,

「美しい風景が恐怖を掻き立てる」

ロケ地マップ(紙版)は、富山県内の劇場、全国の一部劇場(T・JOY)、日本橋とやま館等で配布しています。いずれも数に限りがありますので、無くなり次第終了となります。あらかじめご了承ください。


詳しくはとやま観光ナビをご覧ください

射水大門庄川 × 川っぺりムコリッタ

「どの川もいい表情してます」

今回のロケのメインは、富山県某所にある実際の集合住宅。場所を明かすことはできないが、監督にとってこの住宅の醸し出す空気感が作品のイメージにぴったりだったとか。

この集合住宅をはじめ随所に川の気配を感じられるロケーションが求められており、劇中の印象的なシーンにはたびたび川が登場する。この川のシーンは県内を流れるいくつもの川の、美しい場所を探して撮影が行われた。どのシーンがどの川かを探してみるのも面白そうだ。

ちなみに劇中で登場人物たちが食べているのは、富山県が誇るブランド米「富富富(ふふふ)」。特にその名前には触れられていないが、炊き立てのご飯のシーンは、映像からいい香りがしそう!

『川っぺりムコリッタ』

人とあまりかかわらない生活を求め、北陸のある町にやってきた山田。彼が入居した「ハイツムコリッタ」の住人は、みんなどこか風変り。ある日隣人に部屋に上がりこまれ、山田の生活はどんどん理想と違う方向へ……。


2022年全国ロードショー

監督 荻上直子 主演 松山ケンイチ