いってみっけ。海と山の、イイとやま。

丁寧な仕事ぶりが光る

隠れ家のような鮨の名店

カウンターとテーブルともに8席という、小ぢんまりとした店内。佐々木さんが一人で鮨を握る。

富山市内は、玄関口・JR富山駅から徒歩圏内にさまざまな観光スポットや飲食店があり、コンパクトにエリア散策を楽しむことができます。とくに飲食店は、富山を代表する名店が集まっていて、ミシュラン掲載店も軒を連ねています。その中の一つ「寿し処 佐々木」は、富山市中心部に店を構えて31年の数々の著名人も訪れる隠れ家的な一軒。小さな看板を頼りにビルの奥へ進み、重厚感ある扉を開くと、日常の喧騒を忘れられそうな落ち着いた空間が広がっています。

ぷりっとした歯応えのある「ボタンエビ」。正式名称は「トヤマエビ」という。端正なたたずまいにも魅了される。

知る人ぞ知る高級魚、本アラの昆布締め。

魚介は富山湾で獲れたものが中心。シャリに使用する富山のブランド米「富富富(ふふふ)」は、旨みと甘みが強いことが特徴です。鮨は煮きりや塩で味を付け、カウンターのお客さんにはそのまま口に運べる状態で提供します。カウンター越しに会話を楽しみつつ、巧みな包丁さばきや、鮨を握る手つきを間近で眺めながらいただきましょう。メニューは握りから逸品料理までを堪能できるおまかせ(8,800円~14,000円)がおすすめ。県外のお客さんには、富山湾で獲れた魚介類だけを握る「富山湾鮨」(3,850円)も人気です。

佐々木さんが手むきした白えびを昆布締めで。この一貫にかける時間と手間は計り知れない。

「のどぐろの小丼」。すだちをしぼって、シャリとともにスプーンで召し上がれ。

鮨職人として長い経験をもつ佐々木さんですが、「いくつになっても勉強です」と、ずっと変わらない姿勢で鮨と向き合っています。昨年から、ネタに合わせて2種類の酢を使い分けるようになりました。淡白であっさりとした白身や甲殻類には米酢のシャリを。味の強いマグロなどには赤酢のシャリを合わせます。さらにはガリを自家製にし、白えびも手むきするようになりました。どれも手間と時間のかかる仕事ですが、お客さんの喜ぶ顔が佐々木さんの原動力。あくなき向上心から生み出される美味しい鮨をお目当てに、ぜひ訪れてみてくださいね。

※2021年9月21日時点の情報です。新型コロナウイルス感染症の影響により、営業日や営業時間の変更などが想定されます。最新の情報は店舗に直接お問い合わせください。

※価格は特記事項のない限り税込みで表記しております。

寿し処 佐々木

営業時間:

17:30~21:00(最終入店) ※現在は事前予約制

定休日:

日曜、祝日

住所:

富山市総曲輪1-6-11

Tel:

076-431-6788